クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> 結局Amazonと楽天市場どっちがお得なの?還元率で比較してみた

どうも。クレカ.com編集部の西田です。


ネットショッピグする時に、amazonで買うか、楽天で買うか、結構迷いますよね。


私はフィリピンの秘境の部族並みに死ぬほど情弱だったのでずっとなにも考えずにamazonを使っていました。


というか、もうネットショッピグを節約しようと考えることすら思わずずっと無駄な出費ばかり重ねていました。

そんな私ではありますが、最近amazonと楽天の違いとポイントの活用法を正しく学習して、めでたく節約できるようになりましたのでみなさんにも是非知って頂きだく、筆をとった次第です。


では早速、amazonのポイント制度についてお話ししましょう。


amazonはポイント還元率がない!?



amazonには実は楽天市場のようなポイント還元がありません。


一見プライムってついてるとなんか安いし、お得なのかなって印象ありません?


私だけかな…


プライム会員の制度もあり、amazonポイントというのもありますが、商品購入でポイントがついたりすることも、購入すればするほどお得になっていくような会員プログラムはありません。


よくamazonで購入するときにポイントを充てるってところが出て来ますが、普通にお買い物してる限り、あれを活用できたためしがありません。


では、amazonでは節約する方法がないのか、というとそういうことではありません。


結論から言うと、amazonで節約するためには無料のクレジットカードを利用することが最も合理的な選択肢となります。


amazonで節約する方法はクレジットカード




amazonは独自のポイント還元率がないのですが、クレジットカードのポイントであれば商品購入時に獲得できます。

要するにamazonでお得になるカードさえ作れればごちゃごちゃ考えず、安くなりまっせ、ということですね。

amazonでお得になるカードはこちらです。





Amazonで利用するといつでも2.0%のポイントが貯まります。


このクレジットカードはポイントモール経由ではありますが、簡単に還元率をあげて節約することが可能になります。



また両方ともamazon以外でも高還元率カードなので普段の日常生活でも大きく節約に貢献してくれます。



楽天市場はポイントで節約効果抜群




楽天なamazonと異なり、ポイント制度が圧倒的と言って良いほどです。

楽天はSPUと呼ばれる最強のポイントプログラムを用意しており、そのポイントプログラムを活用すればありえないほどお得な還元率を実現することができます。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)

undefined

スーパーポイントアッププログラムでは、特定の条件を満たすことでさらに還元率が上昇し、現在最大13%まで高めることができます。

  • 楽天カードで決済すると2%
  • 月に1回、楽天市場のスマホアプリからのお買い物でポイントが 1%
  • 楽天ブックス&koboで月1,000円以上の利用で 1%
  • 楽天ブランドアベニュー(ファッションECサイト)で月一回以上での購入で 1%
  • 楽天Mobile通話SIM利用で 2%
  • 楽天プレミアム、楽天ゴールド利用で 2%
  • 楽天トラベルを対象期間中利用で 1%
  • 楽天TVでNBA(アメリカプロバスケットボール)、またはパリーグのプログラム入会で 1%


このSPUをうまく使いこなす方法として楽天のクレジットカードを作成するという選択肢があります。

これら条件は変更されることもありますが楽天カードを作成し、全ての条件を達成すれば13%という大幅な高還元率になります。

全て達成しなくても楽天カードさえあれば常時還元率3%なので、Amazonよりもずっとお得に商品を購入できます。

同じ商品で同じ価格であれば、楽天カードを使って楽天市場で買い物する方が還元率的に断然お得というわけです。

この点に関してはamazonの追随を許さないほどユーザーに対してばんばん金を流してくれています。


はっきりいって、サイトのデザインも見にくいですし、商品の情報が雑多な点もあり、デメリットもありますが合理的に考えれば楽天で買い物をした方がお得ということになります。



楽天カードに関してはクレカ.comで実際に利用し、どれだけのポイントを獲得できたか実例がありますので紹介します。

ポイント獲得の実例



こちらはクレカ.comユーザーの方が楽天で実際に獲得したポイントになります。

undefined

楽天カードを作って半年ほどで入会特典やSPU、スーパーセールなどを駆使して月に1、2回ほど買い物しただけですが20000ポイント以上手に入っています。

楽天カードは年会費無料なため、ただクレジットカードに決済を置き換えただけで20000円手に入っているのです。

こちらがポイント獲得・使用履歴になります。

undefined

楽天カードは入会キャンペーンの他にもキャンペーンを多く実施しており、この画像で3000ポイント獲得しているのはリボ払い登録キャンペーンによるものです。

リボ払いキャンペーンではこの時は3000ポイント程度でしたが、過去に7000ポイント付与のキャンペーンを実施していたことがあります。

リボ払いは手数料が発生するため敬遠する方も多いですが、リボになる上限額を自分で設定し、その上限を超えないよう毎月の決済額を調整していれば手数料が発生することはありません。

こういったキャンペーンは定期的に開催しているので手間はかかりますがポイントを獲得し次第、リボ払いを解除してまたキャンペーンが開催された時に再度登録すると何度でもポイントを獲得できます。

ちなみにこの方はポイントを使ってドミノピザの代金を決済しています。
楽天ペイが対応している場合であれば楽天ポイントが充当できるためです。

このように楽天市場でのポイントは凄まじく貯まっております。

undefined

これらは楽天スーパーセールで購入した時のポイント獲得で、SPUとスーパーセールとの還元率が重複されているためこれだけ高い ポイント還元が受けられていることになります。

最後にこれは一回の買い物で獲得した最大のポイント数で、なんと5000ポイント入っています。

undefined

ポイントの内訳は、キャンペーンで店舗が20倍のポイント還元を行なっていたこと、さらに楽天カード利用で500円分のポイントが入って5000円分のポイントを獲得しています。

その結果23000円の革靴が、18000円になり、さらにクーポンも500円割引で利用したため17500円(送料無料)となっています。

これだけポイントが簡単に稼げてしまうのは楽天しかありえないでしょう。


これだけのポイントを獲得SPUによって獲得することができます。

これを知らずに、amazonでもカードではなく現金決済とかをしてるから大損をぶっこいていたというのが私でした。


皆さんも楽天の制度、amazonの制度それぞれ知った上で使い分けることが1番お得になる方法となります。

この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result