クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> クレジットカードは現金よりも安全!不安な方が見るべきカードの真実
クレジットカードを利用するにあたって、どうしても最初は不安がついてまわることだと思います。
ここでは、多くの方が不安に思われることについてそれぞれ解説しています。

クレジットカードって安全なの?セキュリティ事情

紛失した場合や、盗難にあったら不安



やはり最もクレジットカードを使う上で不安な点は、そのセキュリティ面でしょう。

昔からクレジットカードの不正利用などの詐欺事件や、昨今流行しているネットショッピングでの個人情報の漏洩といった問題があり、それ故にどうしてもクレジットカードを利用することをためらってしまう方も多くいます。

実際不正利用などのリスクは今でも存在します。

しかし、現在のクレジットカードのセキュリティは強化されており、正しく知ることでリスクを最小限に抑えて、利用することができます。

クレジットカードは正しく利用すれば、今までの生活が一変するといってもいいほど革命的に便利な決済ツールなので現金主義な方ほど知っていただきたいものです。

さて、ここから具体的にセキュリティ事情を解説していきます。

紛失した場合の対処法と勝手に使われてしまった場合



まず、紛失し勝手に誰かに利用されて高額な請求がくるのではないか、というリスクがありますがこれには当然クレジットカード会社も補償を用意しており、ほとんどのクレジットカードには盗難保険が付帯しております。

これは不正利用の発覚時から60日前までにその不正利用によって生じた損害を補償するサービスで、仮に紛失してカードを止めるまでに誰かに利用されたとしてもその利用額は払わなくても大丈夫です。

しかし、一部補償が受けられない免責ケースもあるので後述で紹介します。

紛失してしまった場合の手続き



紛失に気づいた場合は、盗難保険があることを思い出して冷静に対処しましょう。

  • カード会社に連絡をして、即時利用停止にしてもらう
  • 警察へ被害届として、盗難届もしくは紛失届を提出
  • 警察の指示に従い、受付番号をカード会社に連絡
  • カード会社の指示に従い、必要書類を提出
  • カードを再発行する


この手順通り行えば、万が一酔っ払って無くしてしまったなんていうことがあったとしても問題ありません。

さらに発覚が深夜であっても、通常クレジットカードのコールセンターは24時間営業なので各カード指定の電話番号まで電話すれば対応してもらえます。

盗難保険で保障されない場合



保険なので、通常の損害保険などと同様に免責事項があり、注意しておかないと補償されないケースがあるので必ず知っておいてください。
基本的に補償されない場合とは、カードの保有者の大きな過失がある場合になります。

①暗証番号がわかりやすいもの、もしくは漏洩してしまった
暗証番号の管理は持ち主の責任です。誕生にや電話番号などわかりやすいものにしていた場合補償されません。

また第三者に教えるなど漏洩を自ら行なっていた場合も補償対象外になる場合が多いです。
暗証番号は必ず特定されにくいものにしましょう。

②クレジットカードの裏面の署名なし
クレジットカードは裏面に署名欄署名欄があります。

ここには自分で必ず名前を記載する義務があり、お店側も署名で本人確認する責任があります。
その署名をしていなかった場合、免責とな理、補償を受けられない場合があります。

③盗難保険の期限外
盗難保険には通常期限が設けられており、大体二ヶ月前(60日前)程度の範囲です。

その範囲外の不正利用だった場合、期限外という扱いで免責となります。(例外あり)

必ず毎月の利用明細は確認し、チェックするよう心がけましょう。

④家族による不正利用
家族による不正利用は、疑わしきは罰せよの精神で共犯の可能性があるとされているので免責となります。

クレジットカードの不正使用って?スキミングとは



次にスキミングとは、 「クレジットカードに備わっている磁気ストライプを、スキマーと呼ばれる機械で不正に読み取り、カード情報を抜き取る犯罪行為のこと」でATMや店頭の読み取り機にスキマーが設置されることが多く、読む取られた情報を元にカードが複製されたり、キャッシングされるリスクはあります。

これを防ぐ方法としては、常に明細をチェックしておくということと怪しげなお店では不用意にカードを切らないこと、そしてICチップでのカード決済を行うなどが挙げれます。

もちろん、スキミングによる被害も上記の盗難保険の対象になりますので期間中であれば補償されます。

日本では被害はICチップ決済対応のお店が普及したこともあって、被害は大きく減少していますが海外での利用はされに気をつけた方がいいでしょう。


オンライショッピングでの注意点



次はネットショッピングでのクレジットカード利用時についてですが、クレジットカードはAmazon楽天での決済利用が非常に便利です。

現金だとコンビニ払いや振込や代引きだと無駄に手数料と手間がかかるものが多いでしょう。
それがクレジットカードであれば、簡単かつ安全に決済できるのですが絶対安全ということではありません。

URLが暗号化技術で保護されているか確認



ネットショッピングでスキミングのようなことが行われるリスクの1つとしてフィッシング詐欺というものがあります。

これがクレジットカード会社を装ったメールで会員のカード情報をメールや入力フォームで会員に入力させ、丸々情報を抜き取るものです。

カード情報を入力する際は軽々しく入力しないよう心掛け、安全だと信頼できるサイトでのみクレジットカードを利用するようにすればフィッシング詐欺に合うような心配はありません。

URLでそのサイトが安全なサイトかどうか確認することができます。

URL部分に鍵マーク、錠前マークが表示されているか URLが緑色で表示されているか

この2点でSSLの暗号技術化で保護されているサイトか判断してください。

Amazonなどの大手サイトはほぼ全て保護されたURLになっており、クレジットカードを安全に利用することができます。


以上でセキュリティ的なリスクの事情と対策の説明を終わりますが、いかがでしょうか。

どのリスクもある程度知ってさえいれば対応できるものとなっており、安全にクレジットカードを利用することはできると言えます。

他にもこんな不安を抱えている方も多いので続いて解説します。


必要以上に使いすぎてしまうかも...



クレジットカードの利用限度額があまりにも多いと、普段より使いすぎてしまうこともあると思います。

そんな方の場合、あらかじめ利用限度額を低く設定することが可能です。

また、例えばスマホ代や光熱費、交通費など毎月決まった額の決済のみにカードを利用するといった使い方をすれば、必要以上に使いすぎることもなくクレジットカードを活用できます。

よく公共料金や税金をコンビニ払いや振込をしている方を見かけますが、クレジットカードでの決済が一番簡単でお得で合理的なのに本当にもったいないことです。

気づかないうちに、利用額が膨らんでしまうかも....



ほとんどのカードはWEB明細といって、ネットでいつでもログインして利用履歴をチェックできるようになっています。

また楽天カードのように使用ごとにメールでお知らせしてくれるカードもあるので頻繁に利用額を確認することで利用額が予想以上に膨らむということをある程度管理できます。

クレジットカードは現金よりも安全でお得



不安は解決できましたでしょうか。

誰でも最初は新しいものを使う時はためらいがあるものだと思いますし、それが大切なお金のこととなるとなおのこと心配です。

しかし、クレジットカードは正しく知って正しく利用すれば安全な技術で、非常に便利な決済手段です。

クレジットカードのセキュリティは年々強化されており、安全性においては現金を上回ります。

例えば財布を落としたとして現金を盗られても誰も補償してくれませんが、カードは落とした挙句、万が一不正利用されても補償されます。

今後は現金を利用する人が減り、現金が使えないお店も出てくるでしょう。

合理的で節約に敏感な消費者ほどクレジットカードや電子マネーを賢く利用しており、カードを利用している人と現金主義の人とでは年間何万円単位で支出の差が生まれている事実もあります。

まずは簡単で限度額の低いカードを利用してみてはいかがでしょうか。初心者向けのカードも多くあるので是非検討し、比較してみてください。



この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result