クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> 海外発券とは?JALの海外発券の方法。飛行機代を安くするテクニック

海外発券とは?


航空券を発行する時に上級者向けテクニックとして海外発券という裏技があることをご存知ですか?
海外発券とは名前の通り出発地が日本以外の航空券を発行することを指すのですが、日程によっては日本で発行するより破格の値段で航空券が取れたりします。
しかし、海外サイトで手続きをしなければならないので発行に言語的障壁があったり、まず発行した先までは自費で向かわなければならないと言ったデメリットが存在します。

ここで海外発券のメリットデメリットをまとめてみました。

海外発券のメリット

  • 日程によっては破格の値段で航空券が取れる
  • ビジネスクラスは基本的にかなり安く取れる事が多い
  • キャンセル・日程変更規約が緩い
  • ストップオーバー(到着地で24時間以上滞在)が可能
  • 繁忙期でも値段が一定

海外発券のデメリット

  • 発行が難しい(海外版のサイトなので)
  • 出発地まで自力で向かう事が必要
  • 調べる手間が増える

海外発券の料金比較


実際どの程度料金が違うのか比較してみましょう。
日本発券の東京ーシンガポール間往復と海外発券の韓国ソウルー東京ーシンガポールー東京ー韓国ソウルの複数都市のチケットを比べてみましょう。
ちなみに海外発券はソウル発券が安いです。なので必然的にソウルに2回行く必要があります。
Googleフライトで検索しました。

エコノミークラスの場合


日本発券
Googleフライト
海外発券
Googleフライト
海外発券の方が2万3千円ほど安くなっています。
日程によっては日本発券の方が安い時もありましたが、この日程しか空いてる時がない、という時には1つの選択肢となるのではないでしょうか。

ビジネスクラスの場合


日本発券
Googleフライト
海外発券
Googleフライト
約5万円ほど安くなっています。韓国の往復分を入れても安くつくのではないでしょうか。さらにビジネスクラスラウンジを4回使う事ができます。

海外発券の方法


JALの場合を解説します。
JAL公式サイトにアクセスします。
JAL公式サイト
ここでソウルを選択し、日本語を選択して先に進みます。

その他の旅程を選択して予約画面に進み、自由旅程で希望の日程と行き先を入力します。
行き先には都市名は日本語が使えないので注意してください。
JAL公式予約画面

海外発券の注意点


キャンセル規約や日程変更規約などが表示されますが、きちんと翻訳して理解してから予約してください。
英語ばかりで最初は戸惑うかと思いますが最近では翻訳機能が優れたアプリが多いのでなんとなく読めると思います。

JALカードを発行しよう


海外発券でももちろんマイル積算対象となります。ビジネスクラスの場合区間マイルの125%の積算率が貯まり、JGC修行にもうってつけです。JGCについてはこちらの記事を参考にしてください。
JAL上級会員JGCを取得方法とは?メリットも徹底解説でも解説していますが、
またJALカードを発行してショッピングプレミアムに加入しておけば、JALの航空券100円につき2マイルが貯まります。



繁忙期に旅行に行きたい方、安くビジネスクラスを抑えたい方、ぜひ海外発券という方法も試してみてください。
この記事を書いた人

浜中

西田の上司。学生時代のお小遣いが月に3000円しかなく、その経験から類まれなる財テクスキルを身につけた。口癖はコスパ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result