カード検索 >> 大阪マリオット都ホテルの宿泊体験記とラウンジ紹介

今回は大阪天王寺に堂々とそびえ立つ日本一高い商業ビルあのあべのハルカス19階〜57階に入っております大阪マリオット都ホテルに宿泊してきました!


大阪といえばインターコンチネンタル、コンラッド、大阪マリオットホテルと言われるほど三強の一角となっております。


大阪には上記の三ホテル以外に、マリオットホテルと同系列であるセントレジス、ウェスティンがありますが、大阪マリオットが一番高層階にあります。


あのあべのハルカスに入っておいて、一泊2万円とかかから宿泊できるのでかなりお得感があります。


東京であれば、アマン東京やリッツカールトン東京などは最安の部屋でも15万とか平気でしますから…ほんとそれを考えると大阪マリオットがいかにお得かがわかります。


アクセスとしては御堂筋線天王寺駅直通となっております。


西口改札からでてそのまま近鉄のデパート?に入ると、直通エレベーターがあります。


そのまま19階まで一気にあがりました。


19階に到着すると、もうすで絶景ご広がってますw

至る所がガラス張りになっており、大阪の街並みを見下ろすことができます。


エレベーターから奥に進むと、右手前にバー、さらに左手奥に進むとラウンジ(クラブラウンジではない)、フロントがあります。


こちらのフロントでもチェックイン可能ですし、マリオットプラチナエリート会員であれば38階のクラブラウンジでもチェックイン可能です。


我々はもちろんマリオットプラチナエリート会員なので、クラブラウンジへのアクセスと朝食無料が付帯しました。


そして部屋は微妙にルームアップグレードされたようなのですが、42階という高層階です。


とはいえ、最高階が55階なのでそこまで…笑


大阪マリオット都ホテルの眺望は日本一!?人がゴミのようだ状態


こちらが部屋になります。


ツインベッドと、デスク、1人掛けソファーが置いてあるとちょっと手狭に感じますが、みてくださいこの眺望。


こちらの眺望は梅田側ではなく、西成側となってあります。


梅田側の部屋の方が高層ビルが多く、より美しかったでしょうがあべのハルカスより高いビルがないのでかなり遠くまで見渡すことができました。


六本木リッツカールトンや、東京ウェスティンホテルなど高層階の部屋に泊まったことはありますが、どこも割と高いビル郡の中にあり、眺望としては国内随一ではないでしょうか。


夜になると一気に美しさが増します。


ロマンティックが止まらない状態ですね。


あまりに美しかったので一人で見るのはもったいないと、こちらの部屋に女性の客人をお連れいたしましたが、とても喜んで頂けました。(苦笑)


大阪にここほど空に近い場所はないというところがなんとも女性の心をくすぐりそうですね。


ベッドの前はテレビが置いてあり、夜景を眺めつつ、大きな液晶画面でDVDなども見れます。

次にこちらが洗面所・バスルームになります。


洗面所は個室というより、鏡一枚を壁として寝室につながっております。



さらに奥にトイレ、バスルームがあります。


アメニティはマリオット定番のブランドであるTHANNとなっております。


清潔感にあふれており、高級ホテルというに宿泊したんだという思いを噛みしめる瞬間でもあります。


細部に神が宿るといいますが、やはり一流のホテルともなるとこの辺り段違いですね。



大阪マリオット都ホテルのラウンジに潜入!セキュリティはガバガバw


お次はいよいよメインとも言えるクラブラウンジ。


クラブラウンジは38階と、19階フロントからエレベーターを乗り換えていくことができます。


ただこのクラブラウンジ、入室するのに特にカードキーなどは必要もなく誰でもそのフロアはもちろん、入ることもできます。


これ、西成のおっさん達が小綺麗にして押し寄せてきても勝手に入れちゃうんじゃないかなぁ…と妄想してみたり。笑



そんな西成のおっさんはともかく、こちらがクラブラウンジになります!

我々がラウンジに入室した時間が遅い時間であったため、アフタヌーンティータイムではなく、カクテルタイムとなっております。

まず広さがすごい!


東京マリオット、沖縄マリオットと国内マリオットホテルと比較してもかなりの広さとなっております。

海外でもこれほどの広さは未だ経験ありません。


過去にバンコクマリオットなど行っておりますが、バンコクよりも充実しております。

そして驚くのはここからです。

カクテルタイムは、お酒と料理がメインですよ!

ここぞとばかりに乞食根性丸出しで、酒と飯を漁りにいきました。

もはや西成のホームレスとなにが違うのか…と思われるかもしれませんが、恥も外聞もなく夢中になってとりました。


まずは料理からお見せしたいと思います。


メニューは、よくラウンジにありがちな牛肉の煮込みとそのほかホットミールとなっております。


嬉しかったのはクリームスパゲティをその場で調理して食べさせてくれました。

こちら美味しいのですが、高級スパゲッティを想像されている方は認識をもう数段落としてもらえると実態に近づきます。笑

クリームスパゲティだけでなく、ジェノベーゼも頂くことができました。

決してまずくはないのですが、イタリアン好きな方からするとまあ、ラウンジで無料で食えるレベルってこれくらいだよねと言われそう。。


料理はこんなところですが、次にお酒です。


これまた豊富な種類のお酒が並べられております。


ビールに赤白のワイン、スパークリングワインまで用意されております。


こちらの赤ワインがまた濃厚な舌触りと品のいい葡萄の香りとなっており、少しワインが苦手という方でも美味しく味わえるまろやかな風味でした。



ほどよく酔っ払った後は大阪ミナミの街に繰り出しました。


ちなみにアフタヌーンティータイムはそふおどりんとケーキなどとお菓子類が提供されております。



アフタヌーンティータイム


クッキーをはじめとして、栗風味のムースや、チョコレートケーキ、フルーツまで取り揃えられております。

我々はマリオットBONVOYでプラチナエリート会員なのでレイトチェックアウトが利用できます。


レイトチェックアウトをすると、14時までチェックアウトの時間を延長することができるため宿泊した次の日にもアフタヌーンティータイムをちょうど楽しむことができます。


高級ホテルで過ごす午後のティータイムとはなんとも優雅です。



ちなみに38階にはフィットネスルームと、ミーティングスペース、喫煙所が用意されております。


フィットネスルーム

このフィットネスルームは24時間空いており、宿泊者なら誰でも無料で利用することができるようです。


シティービューを眺めながらランニングマシンで汗を流すなんてアメリカよりドラマの世界だけと思いきや、意外と大阪でも体験できます。


ミーティングスペース

ミーティングスペースはかっこいいですね。


私のような冴えない中年はこんなカッコいい場所で仕事をした経験がありませんが、、憧れますね。

喫煙所が38階とビルの中にあるのは素晴らしいです!(え、、どうでもいい、、?)


なんせ、香港のリッツカールトンはタバコを吸うだにわざわざ110階から1階までおりてましたから。照


大阪マリオット都ホテルの朝食を堪能!シンプルに美味しい



大阪ミナミで夜遊び(シュ●ルというクラブへ行ってました。照)を終わって、いよいよ朝食です!


夜遊びを終えて、朝帰りした後の朝飯は腹に最高です!

早朝に食べて二度寝する、までがテンプレートですね。

朝食会場はレストランではなく、残念ながらというか先ほどのクラブラウンジでした。。

いいところだと、ホテルレストランで朝食食べさせてくれるのですが大阪マリオットホテルはこの点微妙でした。


朝食は朝6着半から会場がオープンし、7時からメニューご提供されます。

メニューとしては和食・洋食メニューどちらも用意されておりました。


そしてこれもマリオット名物、エッグステーションで頼める特製オムレツです。


具材の中身は、自分で選ぶことが出来ます。


チーズ二種類に、ベーコン、ハム、アスパラ、マッシュルームなど思いも思いの具材を入れることができます。


私はチープたっぷりのオムレツを作っていただきました。


そして、朝は和食!というわけでご飯に納豆、お味噌汁などをとってきました。。


が、これだけで特に目立ったメインメニューなどはありませんでした。


いい飯を食いたいならレストランに行けということなのでしょう。


まとめ


大阪マリオット都ホテルは国内のマリオットホテルの中で最強と言っていいでしょう。


まず立地と建物が随一ですよね。


アベノハルカスという東京でいう愛宕グリーンヒルズ的な超高層ビルに入っていながら、一泊2.5万円という高コスパ。


しかも我々が宿泊したのは金曜、土曜と比較的値段が高騰した日にとってもこの程度です。



お酒と美味しいご飯が無限に味わえて、朝食も豪華に食べられるという特典があってこそではありますが、それ抜きにしてもクオリティが高い!!



皆さんも大阪に宿泊する際は安くて超セレブ気分を味わえる大阪マリオット都ホテルにご宿泊してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。