クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> 情弱は死ぬ!海外旅行で両替手数料が一番お得になる方法とは
クレカ.com編集部西田です。
タイトルがすごい過激なのですが、情弱こと、私がめっちゃ損してお財布が死んだ実体験を紹介します。

先日私がヨーロッパ旅行に行った際なのですが円をユーロを両替したいと思い、成田空港にて両替をしました。

カードを紹介してるサイトの編集部のくせに現金両替をするんかい!と思われるかもしれませんが、現金しか使えないお店とかも行きたかったので念のため現金を二万円分ほど持っておきたかったという事情です。

ちなみに海外ではほとんどのお店でVISAかMastercardが使えます。

それはさておき、結論からいうと空港でも日本円から外貨への両替はありえないレベルの損をします。
これを知らずに空港で両替してる方はマジのガチで情弱です。(お前がいうな)
では実際に私が交換したレートを見てみましょう。

10万円を成田空港とVISAのキャッシングで両替した場合の比較


今回私は10万円分のユーロを両替しました。
成田空港の両替所では、レートが(もちろん日によって変わる)だいたい130円ほどです。

これを日本円10万円分両替すると、約770ユーロになります。
ここに手数料として約3000円ほど取られました。

まずこの時点でおかしいと思うべきだったのですが、為替って日本円じゃないから損得勘定わからなくなるじゃないですか?
日本円でこれだけのレートでこれだけのユーロに変えれて、手数料がこれで…って私のように計算が苦手文系人間にとってはちょっと苦痛です。

だからその時も完全に思考停止でただただ両替できてほっとした、みたいな感じでした。
普通に現地で両替する方が圧倒的にお得なのに、日本語が通じるし、こっちの方が楽じゃないか?っと安直に両替しました。

ところが、一緒に旅行に行った同僚がクレジットカードのキャッシングを利用して、現地のATMから現金を外貨で引き出していました。
まずそもそも情弱の王たる私は海外でATMを使って現金を引き出せることすら知りませんでした。。
どうやらVISAのカードを使えばATMで自分の口座から直接現金を引き落とすことができるのだそう。

そしてその際の手数料が年利18%となっております。
10万円分をユーロとして引き落とした場合は1日あたり50円程度の利息で済みます。

海外には一週間ほどしか滞在しなかったので、7日間×50円で両替手数料350円程度しか掛かっていませんでした。
私は手数料に3000円も取られて、同僚は数百円程度。。
10倍近く違うことに驚きを隠せませんでした。

これ完全に現地でカード使ってATMから引き落とした方が楽で、激安だなと。
自分のあまりの愚かさに下唇を血が滲むほど噛みました。

VISAを使ってキャッシングで外貨を落とそう


つまりクレジットカードを使って外貨両替を行う方法こそもっとも節約に繋がる合理的な選択肢となります。
私も今では毎回カードのキャッシングで両替するようにしました。

ちなみに私が利用しているクレジットカードがこちら。



有名な三井住友VISAカードですね。

海外でもどこでも使えて、人前に出しても恥ずかしくありません。

三井住友VISAのキャッシングは利息が確かにありますが、空港での両替手数料に比べるとほんとうに微々たるものでしょう。
ありえないほど搾取されてしまいました。

皆さんも海外で現金を引き落とす際はくれぐれも方法には気をつけてください。

空港でラウンジが使えるオススメなクレカ



最後に空港といえば、ラウンジということでラウンジが無料で使えるようになるイチオシのクレジットカードを紹介しましょう。

この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result