クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> 羽田空港国際線サクララウンジに実際に行ってみた体験記
JAL(日本航空)には国際線・国内線ともにサクララウンジというビジネスクラスレベルの空港ラウンジがあります。

このサクララウンジは、通常のクレジットカードなどで入れる空港ラウンジとは異なり、飲食類や空間、設備まで一流と言えるほど上質なものになります。

ここではサクララウンジの具体的な魅力、そして無料で使えるお得な方法を紹介します。

羽田空港JALサクララウンジ



今回は羽田国際空港のJAL国際線サクララウンジにクレカ.com取材陣が潜入してきましたので、それを例として解説します。

サクララウンジは全国の空港の国内線ラウンジにもありますが、国際線のサクララウンジの方が主に料理やお酒といった面で優れています。

まず羽田空港国際線におけるサクララウンジの場所ですが以下の場所に設置されてあります。

国際線(羽田空港)場所



南ウイング
第1ターミナル 南ウイング3階

北ウイング
第1ターミナル 北ウイング3階

いずれも手荷物検査場を出た後にあります。
そのため手荷物検査を終えて、飛行機に搭乗までのあの暇な時間を快適に過ごすことができます。

ちなみに営業時間は以下の通りになっています。

営業時間



南ウイング
5:15~最終便出発まで

北ウイング
5:30~最終便出発まで

朝早くから、夜遅くまでやっているためだいたいの時間で入れます。
フライトまでは時間がまだあるけど早めに検査場を通過して、サクララウンジでゆっくりくつろぐ、といったこともできます。

次に具体的な設備としては以下の通りです。

設備

南ウイング
座席数:約350席(喫煙エリアあり)

北ウイング
座席数:約390席(喫煙エリアあり)

設備詳細
ファックス(送信のみ)、無線LANサービス、シャワー(6:30~)、喫煙室、トイレ
無線LANインターネット

シャワーが利用できるのはビジネスクラスレベルのラウンジ共通のメリットになりますが、搭乗前にシャワーを浴びれるのは至福です。

さっぱりとした状態で機内に乗れるので、国際線のような長時間のフライトに向いています。
ぐっすり眠ることができるでしょう。

このほかにも何十万円とする高級なマッサージチェアや半個室のようなリクライニングソファーなど仮眠を取れるような場所もあります。

羽田空港の国際線サクララウンジの中ってどうなってるの?



いよいよ羽田空港サクララウンジの中を紹介します。

羽田空港の国際線のサクララウンジは二箇所あり、通常のサクララウンジと空港の風景を眺めることができるスカイラウンジがあります。

どちらも設備や飲食類には違いはないのですが、今回取材したのは前者の通常のサクララウンジとなります。

我々はJALの上級会員であるJGC(JAL グローバル クラブ)といった資格とJALのクレジットカードを持っているため利用することができました。

詳しくは後述で解説します。

手荷物検査を終えて、出国審査を終えた後に少し歩いた搭乗口よりのところにサクララウンジはあります。

国際線の中の風景はこのようになっています。

undefined

これは4階の画像となります。

サクララウンジはこの4階と1つ上の5階の2つのフロアがあります。
ここはビュッフェ会場になっており、ビールなどの多種多様なお酒、かなり美味しいご飯類が用意されています。

undefined
このようにビールが飲み放題となっており、アサヒ スーパードライとキリンの一番搾りがあります。

アサヒスーパードライの方が切れ味があって好みなのですが、皆さんは如何でしょうか。

どちらも人気のビールのため、飛行機に乗る前に軽く一杯やれるのは嬉しいですね。

国内線のサクララウンジはこのビールバーしかないのですが、国際線のラウンジであればワインやウイスキー、ジンにウォッカといったお酒も用意されています。

JAL羽田空港サクララウンジ 美味しい日本酒や梅酒も用意されており、自分でこのように好きに作ることができます。

もちろんお酒意外にもソフトドリンクが用意されており、牛乳やアイスティー、コーヒーもあり、オシャレなティータイムをいつでも楽しむことができます。
次に食事になります。

食事は時間帯によって異なり、朝であればソーセージやスクランブルエッグ、お魚や卵焼きなど朝食にぴったりのものが用意されております。

逆に昼、夜ではシューマイや唐揚げなどの肉類やうどんといったものが用意されています。

我々がいった時間帯は朝だったため、こちらは朝食の画像になります。

JAL羽田空港サクララウンジ

美味しいサバ、ほんのり甘い卵焼き、明太子に味噌汁があります。

無論ですが、白米も当然あります。

また今回画像を撮り忘れてしまい大変申し訳ないのですが、カレーもあります。

JALのカレーは度肝抜くほど美味しく、名物となっています。

あまりの人気のためかいつの時間にいっても置いてあるため嬉しいところです。

カレーの中身はビーフカレーとたっており、ほどよく煮込まれた牛肉がジューシーでご飯と絡み合い、しっかりとカレーの味が染み込んでおり、何杯でも食べれてしまいそうなほど美味しいまさに絶品です。
ちなみにここでは省略しますが、JALビジネスクラス乗車時、JGCを持っていればこちらのキャセイラウンジもサクララウンジ同様全世界で無料で使うことができます。

本題に戻ります。
こちらがサラダバーになります。

JAL羽田空港サクララウンジ

これで普段は栄養不足な方でもビタミンバッチリです。
ハムまで置いてくれているビュッフェなんて有料のもの以外みたことがありません。

これらを無料で提供してくれているJALは素晴らしい企業と言わざるをえません。(決してJALの回し者ではありません)
パンも豊富にあります。

JAL羽田空港サクララウンジ

横にはちゃんとオーブンが用意されており、いつでも焼きたてふわっふわのパンを食べることができます。
ベーグルやクロワッサン、フランスパンもあり、朝食としては最高です。

他にもビスケットなどのお菓子も用意されており、食後のおやつを決め込むことができます。

このようにサクララウンジはまさに至れりつくせりのものとなっております。

美味しいご飯に、お酒、豊富なお菓子。
そして満腹で、ほろ酔いになった後はシャワーを浴びてさっぱりして、マッサージチェアで疲れを癒し、仮眠をとる。

これほどのことが空港のラウンジでできてしまうのです。
念のために言っておきますが、サクララウンジはホテルではありません。

ラウンジでこれほどの快適さを味わえるのはサクララウンジしか国内にはありません。
ANA派の方もこれをみてJAL派に傾いてしまうのではないでしょうか。

最後に無料で利用する方法を簡潔にお伝えします。

利用方法



サクララウンジの利用方法はいくつかあります。
まず有料で利用することができますが、これは国内線のみで一人当たり3,000円もかかります。

さらにわざわざJALホームページで事前の予約しなければならずかなりの手間となります。
従って、あくまで賢く無料で利用するべきです。

無料で利用する方法は全部で五つあり、利用するハードルも無料で利用できる回数も異なります。

dポイントクラブで抽選



ドコモが運営しているdポイントクラブに入り、上級会員になることで抽選することができます。
当選した場合、当選一回につき一度利用することができます。

ただラウンジ利用希望日の約2週間前に抽選に応募する必要がおり、1週間程度の期間内に一度抽選に参加できる、といった内容になっております。

dカードを利用することで上級会員になりやすくなります。
dカードも節約に向いた魅力のあるカードでオススメです。
しかし、あくまで自分に合っていると判断できればdカードを作りましょう。

デルタスカイマイルアメックスゴールドカードでスカイチームの上級会員になる



デルタスカイマイルアメックスゴールドカード というクレジットカードがあります。

こちらのカードは保有して、年間150万円利用することでデルタ航空の上級会員であるゴールドメダリオンの資格を得ることができます。

このゴールドメダルをもっていると、デルタ航空が所属しているアライアンス、スカイチームの上級会員にも自動的になります。
このスカイチームというアライアンスの上級会員であれば、一部の空港で一部の航空会社の搭乗時のみ、サクララウンジを無料で利用できます。

スカイチームには自社のラウンジがないため、JALと提携してサクララウンジを自社のファーストクラス・ビジネスクラス搭乗者、スカイチームの上級会員を対象として利用できるようにしています。
具体的な空港、航空会社は以下になります。

空港 航空会社名
羽田空港(国際線) エールフランス航空
チャイナエアライン
ベトナム航空
中国東方航空
大韓航空
関西国際空港(国際線) ベトナム航空
中国東方航空
中国南方航空
廈門航空
中部国際空港 セントレア
(国際線) ベトナム航空
中国南方航空

この対象空港、対象航空会社のセットの時のみサクララウンジが利用できるという仕組みです。
この組み合わせであれば、エコノミーであったとしても利用できます。

これは国際線を頻繁に使う方であれば、マイルも貯まるカードですし、特典も多く付帯しています。
ゴールドメダリオンであれば、サクララウンジと同等クラスの海外のビジネスクラスラウンジも利用できるようになるためオススメではあります。

JALカードを作りCLUB ESTへ加入


これは対象者が20代の方と国内線限定となってしまいますが、国内線のサクララウンジを利用するならば最も現実的かつお得でオススメの方法となります。

JALにはJAL通常カード 、club-aカードなどのクレジットカードがありどれも毎日の決済でJALマイルが貯まるお得なカードとなっています。

そしてどのカードにも共通した追加特典であるCLUB- ESTといったプランがあり、それの特典内容によってサクララウンジが無料で利用できます。

CLUB- ESTの特典内容は以下の通りになります。

ビジネスクラス・チェックインカウンターで手続き可能

国内線サクララウンジ年間5回まで利用可能(同伴者一名無料)
マイルの有効期限延長60か月
通常の入会搭乗ボーナスマイルと、初回搭乗ボーナスマイル、1000マイル追加。また搭乗ごとのボーナスフライトマイルに5%プラス。
ショッピングマイルが2倍貯まるJALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
通常5000マイルから交換可能なところを、100マイルを100eJALポイントに交換可能に。
eJALポイント5,000円相当分/年プレゼント
FLY ONポイント2,000ポイント/年(毎年初回搭乗時)付与

これだけの特典が付帯します。

CLUB- ESTの年会費は一般カード・CLUB-Aカードは5,400円(税込)、CLUB-Aゴールドカード・プラチナカードは2,160円(税込)です。

普通カード・CLUB-Aカードの5,400円の中には、3,240円(税込)のショッピングマイル・プレミアムといった還元率が通常の二倍になる有料のプランの料金が入っているので、純粋な上乗せはどのタイプのJALカードでも2,160円です。
無料といっておいて、有料じゃないかと思われるかもしれませんが、e- JALポイントといって JALの旅行や航空券代に一ポイント一円で使えるものが付帯しているので実質的には無料と言えます。

その他にもCLUB- ESTはお得な特典が付帯しているため、20代限定のプランではありますが、飛行機に乗る機会が少しでもある方であれば確実にお得で元を取れるプランとなっています。

実際問題出張が多い方でない限り、空港のラウンジは頻繁に利用する機会がないため年五回あれば十分足りる数字だと思われます。

CLUB-ESTは確かにお得な特典ですが、20代限定でしかも回数制限でサクララウンジが国内線限定というデメリットもあります。

そこで半永久的に無料で国内線・国際線サクララウンジを利用でき、なおかつ全世界の空港でサクララウンジと同等クラスのラウンジが利用できる方法を紹介します。

JMB・ワンワールドサファイア会員になり、JGCを取得する



JGCについては別記事で詳しく解説しているためここでは簡潔に説明すると、まずJMB・ワンワールドサファイア会員になるためには以下の条件を満たす必要があります。

1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃で搭乗し、「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上貯めること。

もしくは50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

この二つを達成することでまずJMBワンワールドサファイア会員になることができます。

これだけでも一年間はサクララウンジが利用し放題になりますが、永年無料で利用するためには JGCに入会する必要があります。

ただこれはWEBで手続きするだけの簡単なものとなっています。

JGCの入会条件はこちらです。

JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを持つこと。



JALグローバルクラブ規約を遵守すること。

これだけで、JGCに入会することができます。

つまりJMBワンワールドサファイア会員になってしまいさえすればJGCは簡単ということです。

ちなみにJGCを取得すると、羽田空港にてキャセイラウンジなどワンワールドアライアンスに属する全ての航空会社のビジネスクラスの空港ラウンジが利用できます。

JGC取得はお金も時間もかかりますが、それを取得するだけの付加価値が多いにあります。

といってもそこに魅力を見いだせるかはあくまでもその人生活スタイルや、価値観によって異なるため自分にあった方法でサクララウンジを利用しましょう。
この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result