クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> SPGホテルがマリオットと統合で新体制!改悪点を検証してみた

スターウッドホテルアンドリゾーツ、通称SPGとマリオットホテル及びリッツカールトンホテルが合併を発表したのがつい先日のこと。
この2018年8月より、ついに新たな新体制のもと世界最大の高級ホテルチェーンが始動しました。
「SPG/マリオット リワード」という
新たなホテルグループ、ホテルのポイント制度が確立され今までとは違ったプログラムに変わっています。
そこで今回は、SPG/マリオットリワードの新体制と旧体制の改善点、改悪点を比較します。

SPG/マリオットホテルグループってどんなホテルがあるの?


まず最初に簡単にSPG/マリオットホテル新体制のホテル一覧を紹介します。

今回はこれだけのホテルが一つのグループとしてなりました。
誰でも一度は聞いたことのある名前のホテルから、あんまり聞いたことのないビジネスホテルレベルまで価格帯が幅広くあります。
これらのホテルは全世界に存在し、各国の主要都市に行けばだいたいある、というレベルなので海外旅行に行く際にはかなり便利なホテルです。
日本では高級ホテルでも、海外では格安ということはざらにあるのでSPG/マリオットホテルでお得に泊まれるようになっていれば、いつもの旅行がかなり充実してしたものになります。
SPG/マリオットホテルで、賢く宿泊するためにはSPGおよびマリオットホテルの上級ホテル会員になることが必須とされていました。


ホテルの上級会員になれば、割引優待価格での宿泊や、とびっきり豪華な朝食が無料になったり、スイートルームへと無料ルームアップグレード、お酒と食事が無料で楽しめるラウンジの利用といった豪華特典がありました。
ただその上級会員になるためには通常高級ホテルで何十泊としなければなることができません。
それが宿泊しなくても簡単になれてしまうのがSPG AMEXというクレジットカード。
SPG AMEXを作成するだけでSPG及びマリオットにて、本当は何十泊と泊まる必要があるところを、一気にゴールド会員のステータスが付与されます。
このあまりのお得さ故にSPG AMEXは会員特典最強のクレジットカードと言われていました。
しかし、この度の新体制の発足により、SPG AMEXの特典も大きく変化することになりました。

まず新体制の内容がこちら。

  • メンバー
  • シルバーエリート
  • ゴールドエリート
  • プラチナエリート
  • プラチナプレミアエリート


これは5段階制度となっており、宿泊実績次第では更に上位ステータスもあるとか。
まずは今回で改善された点をこちらにまとめました。
  • SPGホテル宿泊時1米ドルあたり10ポイントの高還元
  • SPGアメックスの最大の特典年1回の無料宿泊の対象ホテルがマリオット系列にも拡大
  • 無料宿泊でブラックアウトが廃止されいつでも無料宿泊可能
  • SPGの高級ホテル無料宿泊に必要なポイント消費数が減少
  • 上級会員資格の到達に必要な宿泊実績の対象ホテルが拡大(旧SPG・マリオット・リッツカールトンの全てがカウント)

この中で注目すべきはSPGアメックスの無料宿泊の対象ホテルの増加でしょう。

今まではお得感のある宿泊先に、ウェスティンとシェラトンしかありませんでしたが、これに全世界のマリオットホテルが対象となります。
大阪マリオットはアベノハルカスに入っており、最高級のホテルとして有名なので、そのようなホテルも対象になるのは嬉しいです。
ちなみにもう夏物終わってしまいますが、沖縄マリオットも対象です。
沖縄マリオットは名護の海を楽しめる位置にあり、ピーク時は最高のロケーションとなります。

またこの他にもSPGの高級ホテルの無料宿泊に必要なポイント数の減少することも魅力です。
クレジットカードのいいところは普段の決済を置き換えるだけでポイントが勝手にたまる点です。
気づけば高級ホテルに無料宿泊できてしまうほどのポイントがたまっている、ということが実現できます。
ポイントの有効期限もないので使えずに消化してしまうこともありません。

次に改悪点です。

新制度になっていいこともありますが、悪いこともあります。

改悪と言われる点がこちらになりまさ。

  • ゴールド会員ではマリオットホテルでの無料朝食・ラウンジが利用不可
  • ゴールド会員ではレイトチェックアウトが16時が14時に短縮
  • ウェルカムギフトのドリンク無料券廃止でポイント付与のみ
  • 滞在が上級会員資格の取得でカウントされない
  • ウェルカムギフトで朝食・アメニティのダブル取得不可
  • 50泊で付与されるスイート宿泊特典が10泊か5泊に

こちらも注目すべき点を挙げましょう。
最大の改悪点はやはりマリオットのホテルでの無料朝食・ラウンジの改悪です。

以前まではSPG AMEXを作成するだけでなれるゴールド会員で、無料で豪華な朝食、クラブラウンジの利用ができたのですがそれができなくなりました。

なんとも無念です…。

ただこれに関しては、期間限定的なキャンペーンのようなものだったので致し方ないもの。
他の改悪点については、レイトチェックアウトの短縮ですが、これはそこまで改悪点とは言えません。

結局14時までは入れるのですから、十分に熟睡して、ゆったりとホテルライフを満喫できるだけの時間が与えられます。
これは経験談ですが、16時までいれてしまうとホテルでだらだらしてしまって、観光が全くできないという事態になります。
せっかく観光や旅行できたのにホテルでだらだらしてしまうのは非常にもったいないことです。

以上が主な改善点と、改悪点です。
総じて比較してみると、改善点が大きいかと思われます。
逆にこれだけの改悪で済んだと一安心もしました。
その他のポイント制度については実質的な変更はありませんでしたが、形式的な変更はありました。

新体制のポイントリワードはどうなってるの?



新体制のリワードでは、SPGポイントがマリオットリワードに合わせた形になっております。
具体的にはSPGポイント:マリオットポイントが1:3であったのに対して、新体制では、たまるポイント数が3倍されました。

したがって、数値上還元率は高く見えますが、以前のSPGポイントの価値は1/3になっているため、ポイント還元率がに関しては一切変わっておりません。
一般加盟店SPG/マリオットホテル利用時
100円あたり3ポイント(ポイント還元率3%)100円あたり6ポイント(ポイント還元率6%)


以上が利用シーン別の還元率となります。

SPG AMEXといえばマイルだったけどそれはどうなったの?


SPG AMEXはマイルをためるカードとしても優秀で、その還元率は1.25%とJALカードよりも高いものでした。



ですが、安心してください。

マイルのレートにはなんら変更はありせん。

具体的には新しいポイント交換レートは3ポイント→1マイルとなり、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供され、合計25,000マイルを獲得できます。

以前はスターポイント1ポイントにつき1マイルのレートであったので比率としては変化ありません。
これまで同様マイルもがっつりためることができるので海外旅行好きの方にはかなりお得な年会費以上の価値があるものとなっています。

この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result