クレカ.com

お気に入り0 比較してみる
カード検索 >> Apple Pay対応 スイカのオートチャージでお得になる人気クレカ一覧
Apple Pay対応 Suicaでオートチャージして楽々決済にしよう
Suicaって実際どれだけ使えるの?
SuicaはJR東日本で導入されているIC乗車カードなので、JR東日本を利用するときはもちろん、東京メトロなどの私鉄、バス、タクシー、その他自動販売機やコンビニ、スーパー
でも利用可能となっています。

Suica 利用可能箇所
これらのマークがある場所ではSuicaを使って決済できるため、今まで小銭で支払っていたちょっとしたお買い物で大活躍してくれる非常に便利な電子マネーです。

一昔前では、切符だったのに今ではどこにいってもSuicaひとつあれば電車にも乗れるし、駅で飲食もできるようになっているので時代が大きく変わっていると改めて感じさせてくれる決済手段と言えます。

またSuicaは全国10種類の交通系ICカードの相互利用を行なっているので、ICOCAやSUGOCAといった利用圏内をはじめとした日本全国で利用できるようになっています。
Suicaの賢い使い方とは

Suicaは、通常券売機にて、現金を入れることで事前にチャージする前払いをすることで利用できるシステムで、入金できる上限は20000円までとなっています。

ただここがSuicaの1番のデメリットで、朝遅刻しそうで急いでいるときに改札を抜けるときに残高不足になっていて、乗りたい電車に乗れず、券売機の行列に並んでチャージし直さないといけないという事態が度々生じます。

そんなイラッとしてしまうような経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
このイラッとしてしまう事態を解決し、毎日スムーズに通勤できるようにしてくれる機能がSuicaのオートチャージ機能なのです。

オートチャージは、通常のSuicaを持っているだけでは利用できません。

オートチャージを利用するためには、Suica機能が付帯したクレジットカードを作成するすることが必須条件になります。
このSuica機能付帯のクレジットカードで毎日の通勤や決済を行うことこそがSuicaを賢く、しかもお得に使うことができる方法なのです。
Suica付きクレジットカードのメリット

Suica機能付帯のクレカを作るメリットを以下で紹介します。
オートチャージ機能が利用できる

まず最大のメリットは当然オートチャージが使えるようになり、もう券売機にいちいち並んで現金で払うといったことを一切しなくて済むようになります。

これにより、大きく時間とお金を節約できるようになります。
改札で残高不足で止められることもなくなり、ノンストップで改札を通過できるようになります。

特に東京の電車の朝は世界でも類を見ないほど混雑します。

その中でスムーズに決済を行い、ちょっと時間と手間を節約することは大きな時間的、精神的なゆとりに意外と直結します。
ポイントを貯めて節約ができる

現金でチャージして、Suicaを使ってる限りポイントは何もたまりません。

しかし、クレジットカードであればSuicaを使えば使うほどポイントが貯まります。

つまり、毎日の通勤、定期代などの交通費でポイントが貯められるので大きな節約になります。

貯まったポイントはSuica電子マネーに交換できるので実用的です。
さらにSuica付きクレジットカードはSuicaで決済したときだけポイントがたまる訳ではありません。

Suicaでの決済時に加えて、オートチャージした際にもポイントがたまるため、二重にポイントが付与されることになります。

そしてたまったポイントをSuicaにチャージすればそれでもさらにポイントが付与されることになります。
無くしてしまった時も安心の補償付き

Suica機能付帯クレカでは、紛失した場合でも定期分・チャージ分共に補償されます。
財布を落としてしまって現金を使われても返ってきませんが、Suicaにチャージされた分は返ってきます。
カードすら不要!Apple Payで楽々通勤
Apple PayはクレジットカードをApple Payに登録することでカードを持っていなくてもカードをかざすだけで決済できるiPhoneのサービスです。
Apple Payが対応しているデバイスはiPhone 7以降のiPhone、もしくはApple Watch Series 2以降のApple Watch

となっております。
Apple Payがあればわざわざ財布からカードを取り出す必要もなくなり、改札もiPhoneをかざすだけでスイスイ通れるようになります。

カードだけでも便利なのに、もはやそれすらいらない世の中になってしまいました。
Apple Payはまだまだ適用範囲は拡大中ですが、日本全国のコンビニや駅では利用可能なため、比較的利用頻度が誰でも高い場所で使うことができます。
そしてApple Payでは、Suicaへのチャージや、Suica定期券の更新も行うことができます。

Apple Payを利用するにあたって必要なWalletアプリケーションの中で直接購入を実行できるようになるため、繁忙期になるとうんざりするほど並ばなければならない定期購入も並ぶ必要がなくなります。
新規購入・継続購入・区間変更・定期券の種類変更全てに対応しているので、あ!定期そろそろ買わなきゃ!というときも楽々購入することができます。

みどりの窓口は営業時間も短いため、なかなか平日忙しいと定期を購入しに行くことが面倒なのでその手間が一気に省けるのは魅力的です。
そして学生の通学定期券の申込みにも利用できます。

通学定期は通学証明書等が必要とはるため、全てオンラインですることはできませんが申し込み用紙をプリントして、郵送することで購入鉄続きを済ますこともできます。
Apple PayにSuica付帯クレカを登録することで、寂しいですがもう二度とみどりの窓口には行くことがなくなってしまうかもしれません。
Apple Payでの補償
Apple Payでの補償もあります。

万が一iPhoneやApple Watchを紛失してしまっても、Suicaチャージ残額が補償されます。

またiPhoneは「iPhoneを探す」で、見つけることができるので、iPhoneとの連携も便利となります。

必要に応じて遠隔操作で、データなどを消すこともできるのでApple Payの安全性はかなり高いものと言えるでしょう。
人気のSuica機能付帯クレカ

ビックカメラSuica カード
JAL Suica
JAL Suica CLUB-Aカード
この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。

この記事を見た人は以下のカードも閲覧しています

Please open on Stackblitz to see result