カード検索 >> ウェスティン朝鮮ホテルはソウルにて最強!口コミと体験記を紹介


先日ソウルにて、ウェスティン朝鮮ホテルに宿泊してきたのでその体験記と口コミを紹介します。


ウェスティンホテルとは、世界最大の高級ホテルチェーンSPG系列の筆頭ホテルブランドの1つです。


同じくSPG系列のホテルであるセントレジスや、ややリーズナブルなシェラトンホテルなどが有名です。


そんなウェスティンホテルですが、国内では恵比寿、大阪梅田にあるウェスティンが有名です。


恵比寿マスカッツというAV女優で構成されているアイドルグループの、三田夫人が小木さんをウェスティンに誘っていましたが、恐らく恵比寿のウェスティンホテルなのでしょう。


そんな著名人にも愛されるウェスティンホテルの韓国バージョンとなりますが、これまた秀逸なホテルとなっておりました。

こちらがロビーになります。(微妙な写真でスマソ)

ウェスティン朝鮮は、東京でいうと銀座的なアクセスに位置しており、ソウル市内を一通り観光する際に適しております。


駅・空港からの便もよく、空港までのシャトルバスも出ています。


韓国自体、物価も安く焼肉・ビールが最高に美味しかったですがウェスティンの料理は群を抜いております。


ウェスティンの料理については、この後のラウンジと朝食部分で紹介しますがまずはお部屋から紹介します。


ウェスティン朝鮮ホテルの部屋って?


ロビーで簡単にチェックインを済ませた後、早速お部屋に案内されました。


いつもの通りおっさん2人での旅行ですが、なんと案内されたのはこのクイーンベッドの部屋でした。。汗

おっさんのうち片方のおっさんはお金がないため、旅行の用のパジャマや部屋着等は持ち歩くタイプではなく、いつも全裸で寝ます。


したがっておっさん2人でクイーンベッドで寝る且つ片方は全裸という悪夢のような状況になりかねなかったため、ホテルマンになんとか懇願し、ツインの部屋にしてもらいました。



新しい部屋は広さこそ前のクイーンベッドと変わりませんが、ツインになっておりました。


また、今回は高層階ではなく、低層階のお部屋でした。


窓からは、パワースポットとして有名らしい寺院的なものが見下ろすことができました。


だからなんだ?という話ですが、なんとなくパワーをもらった気がします。。

そして嬉しいことに、部屋にはウェルカムセットが置いてありました。


ちょっとしたワインと、お菓子、フルーツまで用意されており、驚きました。


これほど手厚いウェルカムセットは日本のウェスティンでもなかったような気がします。


続いてこちらがアメニティになります。

ウェスティンのアメニティはマリオットホテルと同様なんか有名らしいので、とりあえず持ち帰りました。


シャンプーはもちろん、必要な全てのアメニティがもちろん取り揃えられております。


ラウンジのカクテルタイムは秀逸!旅の疲れを癒そう

さて、お次はラウンジです。


ラウンジでは日本のウェスティンと同様にお酒と軽食がカクテルタイムで楽しめます。

軽食といって、ローストビーフやエビのサラダといったかなり美味しいメニューから、メインとなる肉料理・魚料理も取り揃えられておりました。


豊富な種類、とまではいきませんでしたが十分に満足できる内容です。



ウェスティン朝鮮ホテルの朝食は極上!朝からたらふくたべれます

ウェスティン朝鮮ホテルの朝食は、会場が二箇所あります。


一つは先程紹介したクラブラウンジ。


もう一つは下のフロアにある独立したレストランになります。

これほど美味しい朝食はなかなか食べることができません。


恵比寿のウェスティンホテルでも、1人5000円もするステーキ朝食が無料となっておりましたが、それに匹敵するほどの豪華さ。

もちろんブッフェ式ですきな料理を好きなだけ食べることができます。

さらに韓国らしく、キムチも用意されております。

本場のキムチはやはり違います。

味付けがよく染み込んでおり、辛すぎもしないのでご飯にも合います。

このようにクラブラウンジ・朝食についてはウェスティンホテルの中でもかなり上位に位置するといって良いのではないでしょうか。


まとめ


個人的には部屋もラウンジも恵比寿のウェスティンが一番よかったて思っておりますが、韓国においてはウェスティン朝鮮ホテルは最強と言って良いでしょう。

これほどのホテルサービスと意外と安いホテル料金。

一泊3万円ほどでしたが、これだけのホテルステイからお釣りがくるほどでふ。

今回はSPGアメリカンエキスプレスというクレジットカードを持ち、なおかつプラチナエリートというステータスを保持した状態で宿泊しました。


このおかげでクラブラウンジへのアクセス、朝食無料といったベネフィットを受けることができました。


ソウルは東京からであれば、4時間ほどでいくことのできる海外でお手軽感もあります。


比較的行きやすいので、その際は是非ウェスティン朝鮮ホテルを宿泊ホテルとして選ぶことをオススメします。

この記事を書いた人

西田

自分が情弱である事に気付かず搾取され続けていた。しかし情強の上司浜中に触発され、情弱を抜け出すことを決意。笑いのセンスは今ひとつ。