クレカ.com

お気に入り0 比較してみる

三井住友VISAゴールドカード

年会費10,800
マイルなし
還元率0.50%~1.00%
種類 ゴールド
海外での保険などの補償はもちろん、空港ラウンジが0で利用できたり、一流ホテルを割引価格で予約が可能といった年会費以上のお得な特典あり。年会費も初年度年会費は無料!マイ・ペイすリボ払いの設定で以降年会費が4,000円になり、家族カードも無料で作れる。

三井住友VISAゴールドカード

(*)(*)(*)(*)( )410
海外での保険などの補償はもちろん、空港ラウンジが0で利用できたり、一流ホテルを割引価格で予約が可能といった年会費以上のお得な特典あり。年会費も初年度年会費は無料!マイ・ペイすリボ払いの設定で以降年会費が4,000円になり、家族カードも無料で作れる。
  • 10,800

    年会費
  • なし

    マイル
  • 0.50%~1.00%

    還元率
  • ゴールド

    種類
キャンペーン

もれなく最大10,000円キャッシュバック!

  • 全国28箇所空港ラウンジ
  • プライオリティパス
  • 招待日和
  • ホテル優待
  • レストラン優待
  • 国内旅行保険利用付帯
  • 国内旅行保険自動付帯
  • 海外旅行保険利用付帯
  • 海外旅行保険自動付帯
カード検索 >> 三井住友VISAゴールドカードの詳細
プライムゴールドカードと比べるとショッピング可能額が増加し、ポイントの有効期限が乗びています。

年会費



年会費は、初年度は本会員・家族会員共に無料です。

翌年度以降は当会員は10,800円。家族会員は1人目は無料、2人目以降は1,080円。

ただこの年会費は簡単に値下げが可能となっており、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上のカード利用するだけで、翌年度の年会費が半額に割引されます。

また、この割引に加えて、カードの利用明細をネット上で閲覧できる「Web明細サービス」にして、年間6回以上の請求があれば、さらに本会員は1,080円割引されるので、二つの割引を合わせると4,320円まで年会費を下げることができます。

リボ払いを避けたい方であれば、年間の利用金額に応じても割引があります。

例えば100万円以上の場合は、翌年度の年会費が20%OFF300万円以上の場合で50%OFFとなりますが、これは難易度が高いものとなってくるので、リボ払いとウェブ明細の登録が最も簡単で最大の割引が受けられるので合理的。

ただリボ払いの割引と年間利用額での割引は重複適用されません。

ETCカードも発行手数料・年会費無料です。

ポイント



一般加盟店では1,000円につき1ポイントが付与。この1ポイントが5円相当なので還元率0.5%となり、年間の利用額に応じて高くなります。

またこれも、年会費と同様で「マイ・ペイすリボ」のリボ払い設定によって、リボ払い手数料の請求がある月のみ、ポイントが2倍、還元率1%まで高くなります。

ポイント2倍にするか、リボ払いの手数料をそもそも発生させないか、が問題となりますが、リボ払いの手数料は限りなく抑えることが可能なので、基本的にはリボ払いを設定してポイントを2倍にすることが合理的になります。

ポイント有効期限3年間で、貯まったポイントは以下のポイントやマイルへ相互交換可能となります。

  • 楽天スーパーポイント
  • iDバリュー
  • Amazonギフト券
  • dポイント
  • au WALLETポイント

マイル



ANA、シンガポール航空のマイルに100ポイント=300マイルのレートで、移行手数料無しで交換できます。

プリペイドカード




三井住友VISAプリペイドカードにもポイントを、交換可能なのでポイントの流動性がさらに高くなっています。

ポイント交換先必要ポイント還元率
三井住友VISAプリペイド(カード発行型)1,000円分2500.40%
三井住友VISAプリペイド(カード発行型)3,000円分700円0.43%
三井住友VISAプリペイド(カード発行型)5,000円分1,1000.45%
三井住友VISAプリペイド(カード発行型)20,000円分2,1000.48%
三井住友VISAプリペイド(カード発行型)10,000円分4,1000.49%




これらのVISAプリペイドカードは、VISA一般加盟店でネット、実店舗ともに利用可能となります。

その他のお得なポイント制度




三井住友VISAカード会員は「ポイントUPモール」を利用できます。

ポイントサイトとは、このポイントUPモールを経由して、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ベルメゾンネットなどで三井住友カードを利用して決済するだけで、ポイントを2倍(1.0%)以上にすることができるお得なサイトです。


具体的には

Amazonや楽天市場は1.0%、

LOHACOは1.5%の還元率となります。

旅行サイトのエクスペディアでは3.0%還元と大幅にポイントが高くなっているので、ネットなので上記のサイトを利用する際はポイントサイトを経由することを強くオススメします。


実店舗で得する「ココイコ!」




「ココイコ!」とは、事前にエントリーしたクレジットカードを対象ショップで利用すると、ボーナスポイントが、得られ還元率が高くなるサービスとなります。

対象店舗は以下の店舗が有名です。

  • 大丸松坂屋
  • 東急
  • 阪急メンズ
  • 三井アウトレットパーク
  • 渋谷ヒカリエ ShinQs
  • 東急ハンズ



利用方法としては、「ココイコ!」から、クレジットカードを登録して還元方法をポイントかキャッシュバックか選ぶだけです。

付帯特典

ドクターコール24



ドクターコール24では、24時間365日、医師・看護師・保健師に健康状態などを電話相談が無料でできます。


空港ラウンジ




国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。都内の著名な空港ラウンジをピックアップしました。


成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)、POWER LOUNGE NORTH / SOUTH
羽田空港 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南/北)、POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国際旅客ターミナル SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX


高級ホテル・旅館に安く宿泊できる特典



Reluxという高級旅館・ホテルに泊まれる会員制宿泊予約サービスを利用できます。

Reluxの最大のメリットは、常に「最低価格の保証」というベストレートであることです。さらに利用時には、Reluxポイントが毎回5%も貯まります。

またプライムゴールド限定で、Reluxの「最低価格の保証」から更に3,000円引きされるというのでさらにお得となっています。

ゴールドカードへ自動ステータスアップ




プライムゴールドは若年層向けであるため、満30歳以降となった場合それに応じて自動的にゴールドカードへ審査なしでステータスアップします。

三井住友VISAゴールドは比較的審査が、厳しいので自動でステータスカードが手に入る点は大きなメリットと言えるでしょう。

またゴールドカード更新時には、特典として、「継続サンクスポイント」として500ポイント=2,500円相当と、全国主要都市の約80軒の一流レストランで2名以上で利用した場合、会員1名分が無料になる「プレミアムグルメクーポン」がもらえます。


海外でのトラベルサービス



三井住友VISAカード保有者は、「VJデスク」という海外旅行サポートサービスを海外で利用できます。

主要国56箇所に設置されており、パスポートやクレジットカードの紛失・盗難などのトラブルにも迅速に24時間年中無休で日本語対応してくれます。

他にも観光情報や、ホテル・レストランの照会、複雑な交通機関の案内、通訳のサポートもしてくれます。

VJトラベルデスク経由で割引



三井住友カード会員専用の旅行予約サービス「VJトラベルデスク」が利用可能で、メリットとしては国内、海外の旅行ツアー代金が最大5%オフになることが挙げられます。

利用方法としては、VJトラベルデスクに電話するだけです。

対象旅行会社は以下にまとめました。

国内旅行

  • 日本旅行(赤い風船
  • ANAスカイホリデー
  • JALパックスペシャル
  • クラブメッド

海外旅行

  • 日本旅行 5%
  • JALパック 5%
  • ANAハローツアー 5%
  • クラブメッド 5%
  • ユナイテッドツアーズ 5%
  • プレイガイドツアー 5%
  • JALパックパックスペシャル 3%
  • 日本旅行Best 3%
  • プレイガイドツアー 3%

付帯保険

ショッピング補償



購入日~購入日の翌日から90日間が補償期間です。3,000円の自己負担有り。補償額は年間300万円とかなりの高額。

海外旅行傷害保険




死亡・後遺障害は、自動付帯の部分が最高1000万、利用付帯の部分が4000万です。その他は自動付帯です。家族特約も付帯。

補償項目本会員家族会員
死亡・後遺障害5,000万(うち自動付帯1000万)1000万
傷害治療費用300万円(1事故の限度額)200万
疾病治療費用300万円(1疾病の限度額)200万
賠償責任5000万円(1事故の限度額)2000万
携行品損害50万(自己負担3000円)50万(自己負担3000円)
救援者費用500万円200万

国内旅行傷害保険




死亡・後遺障害は、自動付帯の部分が最高1000万、利用付帯の部分が4000万です。その他は自動付帯です。

補償項目本会員
死亡・後遺障害最高5,000万(うち自動付帯1000万)
入院費用5,000円/日
手術費用5万/10万/20万
通院費用2,000円/日
公式サイトへ

口コミ

5
4
3
2
1
4(*)(*)(*)(*)( )
10 件の口コミ
自動ステータスアップ (*)(*)(*)(*)( ) 4

プライムゴールドからの自動ステータスアップでゴールドになりました。特に券面が気に入っています。一枚はこういうカードを持っていてもいいと思います。

特典がいいリーズナブルゴールド(*)(*)(*)(*)( ) 4

年会費の割に空港でカードラウンジが使えたり、保険が充実している点は評価してます。ただ同価格帯でもっとカードがあるので、色々検討はすべき。

ショッピング保険が充実(*)(*)(*)(*)( ) 4

ネットで買い物するのでショッピング保険が付帯して、かなり高額またまで保証があるのは嬉しいですね。審査はほかのカードよりもハードル高めのようですが普通のサラリーマンでも作ることができました。

秀逸なカードデザイン(*)(*)(*)(*)(*) 5

秀逸なカードデザインが気に入ってます。銀行系のカードはやはりステータス性に優位性がありますね。三菱のやつもいいですが個人的に三井住友ユーザーなのでこちらにしました。

プラチナが欲しい(*)(*)(*)(*)( ) 4

やっとの思いでゴールドを手に入れることができました。大してお金はないのに妙な自信で溢れてます。笑 ただここまで来たからにはプラチナを目指したいですね。

( )( )( )( )( )0

Please open on Stackblitz to see result